Art Graphic Fashion Design
by monophonic_mfg
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2009年 05月 19日 ( 1 )
カッティングシートはとにかく忍耐と平常心。冷静と情熱の間 編
さて、今回はカッティングシート編です。

そこに窓が有るということは、何か表現しなければ。
と云う勝手な妄想に追掛けられて、窓にSHOP LOGOに成るべきカッティングシートを貼ろうとおもいます。
 と、言いましても大変貧乏&渋賃のアタクシとしてはカッティングシートのロゴマーク自体も当然DO IT YOUR SELF になります。
(これ小さければ業者に発注してもたいした金額ではないですが、大きいとかなり高くなりますね)


ただし、昔アパレルメーカー時代にパターンカットで相当鍛えておりますので、正にシートカットはプロ級でございます。それなりでございます。

まあ、そんな訳でPCで特大に引き伸ばしたショップロゴの清刷りデータを出力して、それをカッティングシート上にトレースします。

そして今度はそれを綺麗にカッターでカットしていく訳です。でもシート下のシリコン紙(シールの裏紙)までカットしてしまうと、ロゴや図柄がバラバラにばらけてしまうので、実際に貼る上のシートだけカットしていきます。

カッターにかける力加減が難しいですが、作業を続ければ馴れてきます。
そして集中して黙々と、切るべし、切るべし…切るべし………・・・です。

そうしてロゴシートが出来上がりました。
遠くを見ると目がぼやけるのは老化のせいでは無く疲れのせいだと自分を慰めつつ一服です…。

あ、今回は内側から貼るのでロゴマークは鏡面反転して作成しました。

さて、いよいよ出来上がったシートを店鋪に持って行ってガラスに貼る作業です。
やった事が有る方は御存じかと思いますが、実はこの貼る作業が曲者で一番大変なんです。
本来、ガラス面を洗剤を溶いた水溶液で濡らし、ヌルヌルの状態で貼って細かく位置調整等をするのですが、「めんどくせーし、まぁ大丈夫だろ?」とこの洗剤作業を端折りましたw。
そして直接『貼り』に入ったんですが……………………………、


あgjhkbjみおうybんl。kりじゅvみ;v_#’!%&)=(!#%’0=)!#(%〜=


た、大変な事に成ってます、、、汗

実はこのカッティングシート、静電気で貼る意志の無い部分もガラスに近付けると吸い付く様にアチコチ張り付いていきます。アチャー、、、
そしてコッチを剥がすとアッチが張り付き、と収拾が着かなく成りその内シートの接着面どうしが引っ付いたりし始めてまじグチャグチャなシートの固まりに成りつつあります…汗、汗、汗、、、

し、し、しかしここで焦ってはいけません。こ、これも想定内です…。(うそ)
ここで平常心を無くして諦めてしまっては今までの作業が全て水の泡になってしまいます。。

クールダウン、クールダウン、、、上がった血圧が平常に戻るまで待ちましょう。。。

まず、ガラスに張り付いたグチャグチャな固まりロゴシートの一部の位置を決めて、そこを伸ばしてシッカリ張り付けます。
そして、そこから広げていく様に少しづつ少しづつ、シートの絡まりを解きながら貼り広げて行きます。
途中角がきつい所等は切れてしまったりしますが、それでも血圧が上がらない様に冷静さを保ちながら作業を進めます。
切れてしまった所は、また後で作り直して判らない様に綺麗に継ぎ足して貼り直せばイイんです。
(本気で接着面どうしが引っ付いてグチャグチャになるともう復元&使用不能になります)

実際何箇所かその場で継ぎ足し&作り直ししました。(原稿と余分なシートをもって行っといて良かった)

そんな数時間のシートとの格闘の末、遂に窓のロゴ入れ完成!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

e0154970_1612449.jpg


高血圧によって拡がり額に浮く血管および鼻の穴の様子は窓の外から見てたら、さぞ滑稽だった事でしょう…。。。

とにかく完成。。。

こちらは現在の様子をチラット公開。
e0154970_16142440.jpg

自分で言うのもなんですが、チョット素敵じゃないですか??

間近で見ると実はガタガタですが、この苦労を経ると愛着も湧きますよ。

なんかエントリー書いただけでも疲れたので今回もこの辺で…。。。


カッティングシートはとにかく忍耐と平常心。冷静と情熱の間 高血圧の方にはお勧め出来ません 編
[PR]
by monophonic_mfg | 2009-05-19 16:19 | CHROMZE(クロムゼ)